最も錆びにくい金属屋根材【SGL鋼板】トタンやガルバリウム鋼板との違い

最も錆びにくい金属屋根材 SGL鋼板とは ブログ

SGL鋼板という、比較的新しい金属屋根材をご存知でしょうか。

現在市場シェア率が非常に高いガルバリウム鋼板の、さらなる改良版金属屋根材です。

こちらの記事では、SGL鋼板がどういった屋根材なのか、どのような特徴を持つのかを紹介します。

SGL鋼板とはなにか

ガルバリウム鋼板

鋼板にめっき加工をかけたもの

SGL鋼板とは、鋼板(薄い金属板)にめっき加工をかけたものです。

めっきには亜鉛、アルミニウム、シリコン、マグネシウムが使用されています。

内訳としては亜鉛とアルミニウムが大半を占めています。

耐用年数は30~50年程度と、非常に長いです。

トタンやガルバリウム鋼板との違い

めっき成分が異なる

トタンやガルバリウム鋼板もSGL鋼板と同様、鋼板にめっき加工をかけたものです。

これらの違いは使用するめっきの成分にあります。

トタンのめっきには亜鉛が、ガルバリウム鋼板のめっきには亜鉛、アルミニウム、シリコンが使用されています。

耐久性の高さは、トタン<ガルバリウム鋼板<SGL鋼板 です。

微量のマグネシウムが加わったことにより、SGL鋼板はガルバリウム鋼板以上の耐久性を手に入れました。

そのためSGL鋼板は改良型ガルバリウム鋼板とも言われています。

トタンについて

亜鉛めっき加工をかけたトタンはこの中で最も安価ですが、耐食性が低く錆びやすいです。

耐用年数も10~20年程度と比較的短いです。

そのため近年では住宅屋根に使用されることは減りました。

ただし古い住宅や工場、カーポート屋根などでは見かけることはあります。

ガルバリウム鋼板について

トタンの耐久性の低さを改善したものがガルバリウム鋼板で、現在も広く使用されています。

亜鉛にアルミニウムやシリコンが加わったことで、各段に耐食性が向上し錆びにくくなりました。

耐用年数も25~40年程度と大幅に伸びました。

2020年以降は、日本の住宅の5~6割がガルバリウム鋼板屋根を採用しています。

地震にも強い【ガルバリウム鋼板屋根】の特徴:メリットとデメリットを紹介
こちらの記事では、ガルバリウム鋼板屋根のメリットとデメリットについて解説します。ガルバリウム鋼板屋根は近年特に普及率の高い屋根の種類です。しかしいくら人気の屋根材といえど、デメリットがないわけではありません。特徴を踏まえたうえで最適な屋根材を選びましょう。

塩害地域にもおすすめ

海岸沿いの家(屋根)

塩害のリスクとは

海岸から規定の範囲内にある地域を「塩害地域」と言います。

これは、海岸に近いことで塩害被害を受けやすいためです。

塩分を含む潮風を日常的に受けていることで、住宅建材に劣化を引き起こすリスクが高いです。

そんな塩害地域では基本的に、金属屋根は錆びるリスクが高いため推奨されません。

SGL鋼板の強み

しかしSGL鋼板であれば金属屋根材の中で最も耐食性が高いため、塩害地域で金属屋根を使用したい場合はSGL鋼板の使用を推奨します。

トタンに比べると格段に耐食性が高いガルバリウム鋼板ですら、海岸から5km圏内はメーカーの保証対象外です。

対してSGL鋼板においてメーカーの保証対象外となるのは500m圏内と、範囲の狭さからも耐食性の高さが伺えます。

塩害地域の範囲や対策

規定の範囲内というのはエリアによって異なります。

ご自身のお住まいエリアでは何キロ圏内が塩害地域にあたるのか、気になる方はぜひ以下の記事をご覧ください。

塩害対策についても紹介しています。

屋根の塩害には気をつけて!塩害に遭いづらい屋根やメンテナンス方法を紹介
屋根の塩害被害にはお気をつけください。海から近いエリアにある住宅は、塩害に遭いやすいです。そもそも塩害に強い屋根にするもしくは対策を行うことをおすすめします。こちらの記事では塩害の概要および対策について紹介します。

まとめ

SGL鋼板は、金属屋根の中で最も錆びにくく耐用年数も長いです。

めっき成分にマグネシウムが加わったことで、大幅に耐久性が向上しました。

現在市場シェア率の高いガルバリウム鋼板の改良版ということで、次世代のガルバリウム鋼板とも言われています。

そのため塩害地域で金属屋根を施工する場合は、SGL鋼板の使用をおすすめしています。


棟の修理・点検の事なら、屋根の専門家にお気軽にご相談を

どんな些細なご不安でもまずはご相談ください。

お問い合わせエリアに応じて、創業80年以上の実績と経験のある我々が対応させていただきます。

お問い合わせフォームまたはお電話よりご連絡ください。

お問い合わせ

東京エリア:株式会社石川商店(03-3785-1616

神奈川エリア:株式会社いらか(0463-34-3501

山梨エリア:有限会社一ノ瀬瓦工業(0120-492-901

(上記エリア以外でも、対応可能な場合もあります)

対応が難しいエリアの場合は信頼できる全国の屋根屋さんを紹介させていただきます。

屋根のてっぺんリフォームとは

東京・神奈川・山梨の創業80年を超える老舗瓦屋3社による、屋根のてっぺんにある棟(むね)についての情報発信サイトです。

建物の中でも非常に重要な役割を持つ棟ですがその認知度は低く、気付いた時には取り返しのつかない事態になった家を瓦屋として多く見てきました。

また認知度の低さを悪用した悪徳業者も増えており、その被害は年々増加しています。

被害を未然に防ぐことが、老舗瓦屋としての使命と思い同じ志を持った3社共同で運営しております。